《はじめての写真撮影》赤ちゃんの成長記録とハーフバースデー

誕生祝いに《新生児》向けの写真撮影


誕生祝いに《新生児》向けの写真撮影                          
赤ちゃんの誕生をお祝いして新生児の写真撮影をおこなう人が増えています。
新生児写真は海外では盛んに行われており、”Newborn Photograph(ニューボーンフォトグラフィー)”
と呼ばれています。
新生児の写真撮影を扱うスタジオでは、産後1カ月以内の新生児向けの撮影プランを用意しており、
お母さんのお腹の中で眠っているような可愛らしい瞬間を写真に収めることができます。
特に生後10日~15日くらいは最も眠りが深いとされており、
自然な状態のポーズをスムーズに撮影できるといわれています。
写真撮影は赤ちゃんの体調を第一優先に考えるため、撮影スタジオのカメラマンやスタッフは
常に細心の注意を払いながら撮影を進めていきます。
 
新生児の愛らしいポーズを撮る方法                         
生後間もない新生児の写真は気持ち良く眠っている写真が多くなります。
赤ちゃんに無理のないポーズを付けやすいことから、腕に頭を載せてスヤスヤ眠っている姿、
笑いながら眠っている姿、タオルに包って眠っている姿など、ごくごく自然な姿が写真に収まっています。
ニューボーンフォトとも呼ばれるだけあり、まだ生まれて間もないしわしわな赤ちゃんを
手のひらにのせた写真は、まだお母さんのお腹の中にいるような神秘的な表情をみせることがあります
 
新生児らしさが伝わる衣装                                 
装飾をほどこしたり、ポーズをしたりと、かわいい写真を撮る方法はいろいろとあります。
そんな中、新生児らしさが感じられる写真にするためには、やはり「シンプル」が一番でしょう。
生まれたての赤ちゃん特有の肌の色やシワ、そして小さな体を写真に残すためには、
ハダカのままで撮影することが多いようです。
ポイントに男の子であれば頭に小さな王冠を、女の子であれば飾りをつけることもあります。
フォトスタジオでは赤ちゃんの体調を第一に考えているため、
特に衛生面や室温管理には神経を研ぎ澄ませています。
また、撮影場所をスタジオではなく赤ちゃんが慣れている自宅で行うために、
出張撮影サービスを取り入れているフォトスタジオもあります
外出するのは少し心配というときには、このようなサービスを利用してみるのも良いでしょう。
 
新生児の写真撮影で用意するもの                           
新生児の写真撮影をフォトスタジオで行うときには、おむつやミルク、ガーゼ、
着替えなどを用意
していきましょう。
また、赤ちゃんが普段使っているタオルなどがあれば、一緒に持っていくと何かと安心です。
撮影中は授乳などを行うこともあるため、撮影時間が30分から1時間、またはそれ以上掛かることもあります。
赤ちゃんのほかに小さなお子様がいるときには、お菓子やおもちゃを一緒に持参すると良いでしょう。
 
定期的に写真を撮って赤ちゃんの成長記録を作ろう!                   
お母さんが妊娠中のマタニティフォトから撮影を始め、生まれてすぐの新生児フォト(ニューボーンフォト)
を撮影し、その後も定期的に撮影を行うことでお子様の成長記録を作ることができます
シンプルな服装と同じポーズや角度から撮る写真は、子どもの成長を直に感じることができるでしょう。
最近海外をはじめ人気が高まっている撮影方法に、過去と現在を比較して撮られた写真があります。
幼いころに兄弟と一緒に撮った撮影風景やポーズをそのまま再現し、
ビフォーアフターを試みる撮影方法
です。
とてもユニークなアイディアであり、日本でも人気が高まりつつあるオモシロ成長記録です。

妊婦 写真 札幌

ハーフバースデー 撮影 札幌

生後6ヵ月 写真 札幌